ニュース・インフォメーション

ニュース・インフォメーション

2022.05.08(日)おしらせ

5/13~5/26上映スケジュールのご案内

平素よりシアター・エンヤをご愛顧いただき誠にありがとうございます。
KARAE1階にある映画館シアター・エンヤより、5/13~5/26の上映スケジュールのお知らせです。



★上映作品★
◆『やがて海へと届く(PG12)
上映日:5/13(金)~5/26(木)
引っ込み思案の真奈の親友である、自由奔放なすみれは、一人旅に出たまま突然いなくなる。それから5年が経つが、真奈はすみれの不在を受け入れられないでいる。ある日、真奈はすみれのかつての恋人・遠野から彼女が大切にしていたビデオカメラを受け取る。そこには、真奈とすみれが過ごした時間と、知らなかった彼女の秘密が残されていた。真奈はもう一度すみれと向き合うために、彼女が最後に旅した地へと向かう。本当の親友を探す旅の先で、真奈が見つけたものとは_。

◆『猫は逃げた(R15+)
上映日:5/13(金)~5/19(木)
漫画家の亜⼦と週刊誌記者の広重は離婚間近の夫婦。広重は同僚の真実⼦と浮気中で、亜⼦は編集者の松⼭と体の関係を持ち、夫婦関係は冷え切っていた。2⼈は飼い猫カンタをどちらが引き取るかで揉めていたが、その⽮先、カンタが家からいなくなってしまい…。監督:今泉力哉×脚本:城定秀夫。お互いの脚本を提供し合い、R15+のラブストーリーを制作したプログラムピクチャー” L/R15 (えるあーるじゅうご)”作品。

◆『ジギー・スターダスト
上映日:5/13(金)~5/15(日)
5年後に滅びようとする地球に、異星からやってきたスーパースター「ジギー・スターダスト」にデヴィッド・ボウイが扮し、ロックスターとしての成功からその没落、絶望から復活までを壮大に描いたコンセプト・アルバム『ジギー・スターダスト』。デヴィッド・ボウイ生誕75年、そして 「ジギー」誕生50年記念として公開された本作。デヴィッド・ボウイ伝説の始まりを告げた至高のライヴ映画が誕生した。
※特別料金:一般1,500円

◆『ベルファスト
上映日:5/14(土)~5/26(木)
ベルファストで生まれ育ったバディは、充実した毎日を過ごす9歳の少年。たくさんの笑顔と愛に包まれる日常は彼にとって完璧な世界だった。しかし、1969年、バディの穏やかな世界は悪夢へと変わってしまう。プロテスタントの暴徒が、街のカトリック住民への攻撃を始めたのだ。住民すべてが顔なじみで、まるで一つの家族のようだったベルファストは、この日を境に分断されていく。暴力と隣り合わせの日々のなか、バディと家族たちは故郷を離れるか否かの決断に迫られる――。第94回アカデミー賞で脚本賞(ケネス・ブラナー)受賞した話題作。

◆『ぼけますから、よろしくお願いします。~おかえり お母さん~
上映日:5/20(金)~6/2(木)
日本中を深い感動で包んだドキュメンタリー映画『ぼけますから、よろしくお願いします。』(18)の続編。東京で働くひとり娘の「私」(監督・信友直子)は、広島県呉市に暮らす90代の両親を1作目完成後も撮り続けた。母の認知症はさらに進行し、ついに脳梗塞を発症、入院生活が始まる。父は毎日1時間かけて母に面会するため足を運び、母を励まし続け、98歳にして筋トレを始める。一時は歩けるまでに回復した母だったが、新たな脳梗塞が見つかり病状は深刻さを極めていく。そして、新型コロナの感染が世界的に拡大。病院の面会すら困難な状況が訪れる。それでも決してあきらめず奮闘する父の姿は娘に美しく映るのだった――。

◆『紳士は金髪がお好き
上映日:5/20(金)~5/22(日)
「愛しのミュージカル映画たち」第1弾!
ローレライとドロシーはナイトクラブで踊り子をしながら玉の輿に乗ることを夢見ている。ローレライは金持ちの息子ガスをつかまえているが、彼の父親は2人の挙式に反対している。ローレライとドロシーはフランス旅行を決行して豪華客船に乗り込み、ガスの父は彼女の素行を調べるため私立探偵マローンを送り込み……。スターへの階段を昇り始めたマリリン・モンローが、生き生きと愛嬌たっぷりにショーダンサーを演じてその魅力を開花させている。
※特別料金:一般・シニア(60歳以上)1,100円/3歳~大学生500円

★毎月第2金曜日は「花筐の日」★
4月から、『花筐/HANAGATAMI』の上映日が第2金曜日に変わりました。5月は5/13(金)のam10:00~。鑑賞料金は今まで通り唐津市民600円、そのほかの地域の方は1,000円です。

★新型コロナウイルス感染症予防対策にご協力をお願いします★
詳細は公式ホームページ「【7/19更新版】新型コロナウイルス感染防止対策について」をご覧ください。特に、ワクチン接種の有無に関わらず、マスクの着用は必ずお願いします。また、感染症対策中の劇場内、及びロビーでのお食事もご遠慮ください。映画館の換気システムについてもご紹介していますので、合わせてご確認ください。

★演屋祭クラウドファンディング実施中★
5/3(火・祝)、4(水・祝)に開催しました「第2回演屋祭」は、お客様や関係者の皆さまのおかげで無事に終了いたしました。心より感謝申し上げます。
「第2回演屋祭」では、クラウドファンディングで皆さまからのご支援を募集しています。22年ぶりに復活した佐賀県唐津のミニシアター「THEATER ENYA(シアター・エンヤ)」からお届けする、クリエイター育成アワード「演屋祭」。全国からショートフィルムを募集し、クリエイターの人材育成を応援しながら、唐津の地方創生に取り組んでいます。是非、私達の活動へのご支援をよろしくお願いいたします。
▼クラウドファンディングHP▼
https://camp-fire.jp/projects/view/576410

★ふるさと納税でシアター・エンヤの活動を応援してください★
シアター・エンヤを運営する「一般社団法人Karatsu Film Project」は、「佐賀県NPO支援ふるさと納税」の支援対象団体となっています。当団体では、活動を応援していただくため、ふるさと納税支援を募っています。
▼詳しくはコチラ▼
https://theater-enya-supporters.com/furusato/

今後、新型コロナウイルスの影響により、上映時間等が変更、または、中止になる可能性もございます。最新情報は随時公式サイトにUPしておりますので、ご来場の際にはご確認をお願いします。
皆さまのお越しをスタッフ一同お待ちしております。

▼THEATER ENYA事務局
〒847-0045 佐賀県唐津市京町1783
TEL:0955-53-8064 FAX:0955-72-3288
SUPPORTERS HP:https://theater-enya-supporters.com/
FB:https://www.facebook.com/theater.enya/
TW:https://twitter.com/theater_enya
IG:https://www.instagram.com/theater_enya/