ニュース・インフォメーション

ニュース・インフォメーション

2022.05.22(日)おしらせ

5/27~6/9上映スケジュールのご案内

平素よりシアター・エンヤをご愛顧いただき誠にありがとうございます。
KARAE1階にある映画館シアター・エンヤより、5/27~6/9の上映スケジュールのお知らせです。



★上映作品★
◆『アネット
上映日:5/27(金)~6/2(木)
2021年・第74回カンヌ国際映画祭で監督賞受賞!「ポンヌフの恋人」「汚れた血」などの鬼才レオス・カラックス監督最新作。
ロサンゼルス。攻撃的なユーモアセンスをもったスタンダップ・コメディアンのヘンリーと、国際的に有名なオペラ歌手のアン。“美女と野人”とはやされる程にかけ離れた二人が恋に落ち、やがて世間から注目されるようになる。だが二人の間にミステリアスで非凡な才能をもったアネットが生まれたことで、彼らの人生は狂い始める。

◆『とんび
上映日:5/27(金)~6/9(木)
永遠のベストセラー小説、重松清「とんび」が阿部寛と北村匠海の共演で初の映画化。
昭和37年、瀬戸内海に面した備後市。運送業者のヤスは愛妻の妊娠に嬉しさを隠しきれず、姉貴分のたえ子や幼なじみの照雲に茶化される日々を過ごしていた。幼い頃に両親と離別したヤスにとって、自分の家庭を築くことはこの上ない幸せだった。やがて息子のアキラが誕生し、周囲は「とんびが鷹を生んだ」と騒ぎ立てる。ところがそんな矢先、妻が事故で他界してしまい、父子2人の生活が始まる。親の愛を知らぬまま父になったヤスは仲間たちに支えられながら、不器用にも息子を愛し育て続ける。そしてある日、誰も語ろうとしない母の死の真相を知りたがるアキラに、ヤスは大きな嘘をつく。

◆『ぼけますから、よろしくお願いします。~おかえり お母さん~
上映日:5/20(金)~6/2(木)
日本中を深い感動で包んだドキュメンタリー映画『ぼけますから、よろしくお願いします。』(18)の続編。東京で働くひとり娘の「私」(監督・信友直子)は、広島県呉市に暮らす90代の両親を1作目完成後も撮り続けた。母の認知症はさらに進行し、ついに脳梗塞を発症、入院生活が始まる。父は毎日1時間かけて母に面会するため足を運び、母を励まし続け、98歳にして筋トレを始める。一時は歩けるまでに回復した母だったが、新たな脳梗塞が見つかり病状は深刻さを極めていく。そして、新型コロナの感染が世界的に拡大。病院の面会すら困難な状況が訪れる。それでも決してあきらめず奮闘する父の姿は娘に美しく映るのだった――。

◆『巴里のアメリカ人
上映日:5/27(金)~5/29(日)
「愛しのミュージカル映画たち」第2弾!
ジーン・ケリーが主演を務め、1952年・第24回アカデミー賞で作品賞を含む6部門に輝いた傑作ミュージカル。
第二次大戦直後のパリ。米国人ジェリーは退役後も祖国へ帰らずに、画家としての夢を実現させようとして、仲間たちとボヘミアンな暮らしをしている。そんな中、彼は巴里娘リーズに恋をするが、彼女は仲間の一人の許嫁だった…。
※特別料金:一般・シニア(60歳以上)1,100円/3歳~大学生500円

◆『カモン カモン
上映日:6/3(金)~6/16(木)
ニューヨークでひとり暮らしをしていたラジオジャーナリストのジョニーは、妹から頼まれて9歳の甥ジェシーの面倒を数日間みることになり、ロサンゼルスの妹の家で甥っ子との共同生活が始まる。好奇心旺盛なジェシーは、疑問に思うことを次々とストレートに投げかけてきてジョニーを困らせるが、その一方でジョニーの仕事や録音機材にも興味を示してくる。それをきっかけに次第に距離を縮めていく2人。仕事のためニューヨークに戻ることになったジョニーは、ジェシーを連れて行くことを決めるが……。
「ジョーカー」での怪演でアカデミー主演男優賞を受賞したホアキン・フェニックスが、一転して子どもに振り回される役どころを軽やかに演じる。

◆『メイド・イン・バングラデシュ
世界の繊維産業を支えるバングラデシュを舞台に、衣料品工場の過酷な労働環境と低賃金に立ち向かう女性たちの姿を描いたヒューマンドラマ。
大手アパレルブランドの工場が集まるバングラデシュの首都ダッカ。衣料品の工場で働く女性シムは、厳しい労働環境に苦しむ同僚たちと労働組合を結成するべく立ち上がる。工場幹部による脅しや周囲の人々からの反対に遭いながらも、自ら労働法を学び奮闘するシムだったが……。

◆『イースター・パレード
上映日:6/3(金)~6/5(日)
「愛しのミュージカル映画たち」第3弾!
ミュージカルスターのジュディ・ガーランドとフレッド・アステアが初共演。
1910年代のニューヨーク。フレッド・アステア扮するドンは人気ダンスコンビを組んでいた。が、突如相方に去られてしまい、戸惑いながらも新たなパートナーを見つけ再出発を目指すことになる。相手役に抜擢されたジュディ・ガーランド演じるハンナは、前任者とは180度違った個性だったために互いに四苦八苦する。やがて、これまでを踏襲せず、新たな個性を生み出せば良いと気づき…。
※特別料金:一般・シニア(60歳以上)1,100円/3歳~大学生500円

★新型コロナウイルス感染症予防対策にご協力をお願いします★
詳細は公式ホームページ「【7/19更新版】新型コロナウイルス感染防止対策について」をご覧ください。特に、ワクチン接種の有無に関わらず、マスクの着用は必ずお願いします。また、感染症対策中の劇場内、及びロビーでのお食事もご遠慮ください。映画館の換気システムについてもご紹介していますので、合わせてご確認ください。

★【5/31まで】演屋祭クラウドファンディング実施中★
5/3(火・祝)、4(水・祝)に開催しました「第2回演屋祭」は、お客様や関係者の皆さまのおかげで無事に終了いたしました。心より感謝申し上げます。
「第2回演屋祭」では、クラウドファンディングで皆さまからのご支援を募集しています。22年ぶりに復活した佐賀県唐津のミニシアター「THEATER ENYA(シアター・エンヤ)」からお届けする、クリエイター育成アワード「演屋祭」。全国からショートフィルムを募集し、クリエイターの人材育成を応援しながら、唐津の地方創生に取り組んでいます。是非、私達の活動へのご支援をよろしくお願いいたします。
▼クラウドファンディングHP▼
https://camp-fire.jp/projects/view/576410

★ふるさと納税でシアター・エンヤの活動を応援してください★
シアター・エンヤを運営する「一般社団法人Karatsu Film Project」は、「佐賀県NPO支援ふるさと納税」の支援対象団体となっています。当団体では、活動を応援していただくため、ふるさと納税支援を募っています。
▼詳しくはコチラ▼
https://theater-enya-supporters.com/furusato/

今後、新型コロナウイルスの影響により、上映時間等が変更、または、中止になる可能性もございます。最新情報は随時公式サイトにUPしておりますので、ご来場の際にはご確認をお願いします。
皆さまのお越しをスタッフ一同お待ちしております。

▼THEATER ENYA事務局
〒847-0045 佐賀県唐津市京町1783
TEL:0955-53-8064 FAX:0955-72-3288
SUPPORTERS HP:https://theater-enya-supporters.com/
FB:https://www.facebook.com/theater.enya/
TW:https://twitter.com/theater_enya
IG:https://www.instagram.com/theater_enya/