ニュース・インフォメーション

ニュース・インフォメーション

2022.10.06(木)イベント

『一生売れない心の準備はできてるか』ミニライブ付上映会のお知らせ

平素よりシアター・エンヤをご愛顧いただき誠にありがとうございます。
KARAE1階にある映画館シアター・エンヤで、『一生売れない心の準備はできてるか』のミニライブ付上映会(主催:「一生売れない心の準備はできてるか」を唐津で上映する会)が10月22日(土)に開催されます。

▼イベント詳細
【主催】「一生売れない心の準備はできてるか」を唐津で上映する会
【日時】2022年10月22日(土)開場 16:40 / 本編上映 17:00~19:00 / ミニライブ&トーク 19:00~
【登壇者】奈須重樹さん(バンド「やちむん刺激茄子」のリーダー)
【チケット代】一般:1,500円 中高生:1,000円 小学生:500円 未就学児:無料
【チケット予約・お問合せ先】松本様(090-5921-3143)/matsumoto.taishi71@gmail.com

▼作品紹介
沖縄発のバンド「やちむん刺激茄子」のリーダー・奈須重樹は2021年で音楽活動30周年を迎えた。玄人筋には評判が良い作詞作曲能力だが、これまで小ヒットが一曲のみ。それでもめげずに活動を続け、今は流しを中心に日銭を稼ぎながら精力的に新曲を発表している。そんなイマイチ“売れない男”が脚光を浴びたのが、バンド結成25周年記念で挑んだ【首里劇場】ライブである。満員の聴衆を前に天衣無縫なパフォーマンスを繰り広げ、沖縄最古の映画館を華やかな空気で包み込んだ。監督の當間早志は、彼を長年撮影し続けてきた盟友。18人編成のビッグ・バンドで臨んだライブを迫力たっぷりに活写しつつ、奈須のインタビューを通して、彼が紡ぐ楽曲の唯一無二の魅力を伝える。長い年月を経た建物だけが醸し出せる強烈な【首里劇場】の佇まいも見どころ。熟成30年、沖縄的古酒伊達者(オキナワン・クース・ダンディー)の叫びは、見る者すべてに笑顔と勇気を与えてくれるはずだ。
作品HP:https://dekiteruka.com/

▼奈須重樹(なす・しげき)さんプロフォール
1964年宮崎県東郷町生まれ、7歳より延岡市で育つ。大学進学を機に1982年より沖縄在住。大学卒業後、写真家として活動しながら1991年「やちむん」結成。1994年に『がんばれ いぼやーるー』が沖縄県内にて小ヒット。2013年からは「やちむん刺激茄子」名義でも活動。メンバーチェンジを繰り返しながら、現在までに12枚のアルバムを発表。生業としての写真家はいつの間にか廃業。最新作はアナログLP『まるでソングブックのように』。

▼予告編
https://www.youtube.com/watch?v=o_WWYkkQhGg


▼THEATER ENYA事務局
〒847-0045 佐賀県唐津市京町1783
TEL:0955-53-8064 FAX:0955-72-3288
SUPPORTERS HP:https://theater-enya-supporters.com/
FB:https://www.facebook.com/theater.enya/
TW:https://twitter.com/theater_enya
IG:https://www.instagram.com/theater_enya/