ふるさと納税支援

ふるさと納税支援

川島豆腐店 (豆腐料理)

住所

佐賀県唐津市京町1775

電話

0955-72-2423、0120-72-2423(固定電話のみご利用可)

創業200年、ざる豆腐の元祖の「川島豆腐」。ミシュランガイドにも掲載され、豆腐の名店で東京の銀座や京都の料亭でも長く愛されています。大林監督映画『花筐/HANAGATAM』のモデルともなった豆腐グルメ。サクサクの厚揚げやざる豆腐は自由におかわりできます。美味しいだけでなく、美容にも健康にも良い豆腐づくしコースをご堪能ください。

◆お店紹介
川島豆腐店の創業は、唐津が城下町として栄えた江戸時代にさかのぼります。唐津城の藩主にさまざまな品物が献上され、その中のひとつに豆腐があったといいます。それを献上していたのが、「川島豆腐店」でした。創業から200年余。昔ながらの製法で今も豆腐づくりは続いています。できたての温かいざる豆腐を味わいたい方は、朝8時からのモーニングがおススメです。

日本情緒ある落ち着いた雰囲気の中、唐津焼の器も堪能しながら、こだわりの豆腐尽くしコースを是非お楽しみください!

◆INFO
川島豆腐店
住所:佐賀県唐津市京町1775
電話:0955-72-2423、0120-72-2423(固定電話のみご利用可)
営業時間:(食事)8時・10時・12時・14時、(販売)8時~18時
定休日:毎週日曜日
アクセス:JR唐津駅より徒歩3分、大手口バスセンターより徒歩5分

映画『花筐/HANAGATAMI』のロケハンの時に、大林宣彦監督が訪れてとても気に入った川島豆腐の豆腐グルメ。そういうわけで、映画の裏テーマが「豆腐料理」なんじゃないかと思えるくらいの豆腐三昧の映画になっています。もちろん、映画の豆腐料理をプロデュースしたのも川島豆腐。「あきね」の家で振舞われた名物の大きな“ざる豆腐”は圧巻です。

川島豆腐の返礼品をお申込みのはこちら → 佐賀県NPO支援ふるさと納税(一般社団法人Karatsu Film Prifect)

川島豆腐店 (豆腐料理)の返礼品一覧

「川島豆腐店」豆腐づくしコース

5,000円以上の寄付

メイン: 「川島豆腐店」豆腐づくしコース1名様分