Films

上映作品

特別料金 上映時間:127分

≪テアトル・クラシックス ACT.2 名優ポール・ニューマン特集 ~碧い瞳の反逆児~≫ 暴力脱獄

1967年製作/127分/アメリカ
原題:Cool Hand Luke
配給:東京テアトル
この作品の上映日
  • 09/25
    (日)
  • 09/26
    (月)
  • 09/27
    (火)
  • 09/28
    (水)
  • 09/29
    (木)
  • 09/30
    (金)
  • 10/01
    (土)
09/25 (日)

上映はありません

09/26 (月)

上映はありません

09/27 (火)

上映はありません

09/28 (水)

上映はありません

09/29 (木)

上映はありません

09/30 (金)

上映はありません

10/01 (土)

上映はありません

作品紹介

映画史上最も愛された “碧い瞳”の反逆児、ポール・ニューマン。
強大な権力に挑み続ける≪永遠の反逆児≫彼の真骨頂とも言うべき快作。

泥酔し、器物破損罪で懲役刑を受けたルークは、刑務所にぶち込まれる。囚人間のヒエラルキーを無視するルークは囚人ボスの怒りを買い、二人はボクシングで決着をつけることに。大柄なボスのパンチに屈しないルークは、彼と囚人仲間から一目置かれることになる。やがてルークの母親の訃報が届き、彼の脱獄を危惧した刑務所長が彼を懲罰房に入れてしまう。再び脱獄するも、またもや捕らえられてしまうルーク。しかし、懲りずに再び脱獄。ルークは、彼のあだ名“クール・ハンド”とサインした写真が載った雑誌を囚人ボスに送り、仲間たちは彼の自由をうらやむのだった。しかし、それも束の間、再び捕縛されたルークを待っていたのは、「脱走したら射殺する」との警告と残酷な懲罰。涙ながらに「もう逃げない」と誓うルークに囚人仲間は冷ややかな目を向けるが……。

誰もが知る不朽の名作や密かに人気を博す隠れた傑作を、東京テアトルのセレクションで贈るスペシャル・プログラム=≪テアトル・クラシックス≫。
“往年の映画ファンには、古き良き時代の思い出の作品を再びスクリーンで堪能する喜びを、これまで旧作に馴染みのなかった若い世代には、クラシック映画の素晴らしさをお届けする待望の第2弾は、20世紀アメリカを代表する名優ポール・ニューマン特集!伝説のハリウッド・スターでありながらも、リベラルな生き方を体現した稀代の名優の、魅力あふれる4作品を一挙公開!

監督
スチュアート・ローゼンバーグ 
出演
ポール・ニューマン/ ジョージ・ケネディ/J・D・キャノン
配給
東京テアトル
公式サイト
https://www.theatres-classics.com/

© 1967 WBEI