Films

上映作品

新作料金 G 上映時間:78分

〈主婦〉の学校

2020年製作/78分/G/アイスランド
原題:Húsmæðraskólinn (英題:The School of Housewives)
配給:kinologue
この作品の上映日
  • 01/20
    (木)
  • 01/21
    (金)
  • 01/22
    (土)
  • 01/23
    (日)
  • 01/24
    (月)
  • 01/25
    (火)
  • 01/26
    (水)
01/20 (木)

〈主婦〉の学校

新作料金 G 上映時間:78分

15:30 - 16:58

チケット購入

01/21 (金)

〈主婦〉の学校

新作料金 G 上映時間:78分

上映はありません

01/22 (土)

〈主婦〉の学校

新作料金 G 上映時間:78分

上映はありません

01/23 (日)

〈主婦〉の学校

新作料金 G 上映時間:78分

上映はありません

01/24 (月)

〈主婦〉の学校

新作料金 G 上映時間:78分

上映はありません

01/25 (火)

〈主婦〉の学校

新作料金 G 上映時間:78分

上映はありません

01/26 (水)

〈主婦〉の学校

新作料金 G 上映時間:78分

上映はありません

作品紹介

1942 年から現在まで続く、男女共学の家政学校「主婦の学校」
“ジェンダー平等” 先進国アイスランドからの問いかけ〈主婦〉とはなにか。家事を「自分ごと」として〈生活を大切にする〉営みとは?

1942 年に創立された首都レイキャビクの中心部にある男女共学の家政学校「主婦の学校」。
白く美しい建物が優雅な雰囲気を醸し出すこの学校には、現在でもアイスランド全土から、様々な期待を胸にした学生が集まってくる。ここは学位のためではなく、学びたい人が自分のために行く学校だ。

「私は手仕事に興味があるわ」
「将来使える技能を学べるのを楽しみにしてる」
「服に開いた穴を直す方法も習えるかな」

彼らの多くは寮で共同生活を送りながら、一学期3 ヶ月の間、あらゆる家事や手仕事を基本から学んでいく。

性別に関係なく、「いまを生きる」ための知恵と技術を身につけた学生たちが、今日も「主婦の学校」を巣立っていく。

監督・脚本・編集
ステファニア・トルス
出演
アゥスロイグ・クリスティヤンドッティル/ラグナ・フォスベルグ/ラグナル・キャルタンソン/グズムンドゥル・インギ・グズブランドソン
後援
アイスランド大使館
配給
kinologue
公式サイト
https://kinologue.com/housewives/

© Mús & Kött 2020