Films

上映作品

11月12日(金)より上映

新作料金 G 上映時間:118分

ねばぎば 新世界

2020年製作/118分/G/日本
配給:10ANTS、渋谷プロダクション
この作品の上映日
  • 10/18
    (月)
  • 10/19
    (火)
  • 10/20
    (水)
  • 10/21
    (木)
  • 10/22
    (金)
  • 10/23
    (土)
  • 10/24
    (日)
10/18 (月)

上映はありません

10/19 (火)

上映はありません

10/20 (水)

上映はありません

10/21 (木)

上映はありません

10/22 (金)

上映はありません

10/23 (土)

上映はありません

10/24 (日)

上映はありません

作品紹介

『ひとくず』で大きな話題を呼んだ、上西雄大監督による痛快アクションドラマ
腹にあるのはど根性じゃ!黙ってられんのは漢意気、おっさん二匹行ったろかい!

舞台は大阪新世界。かつてヤクザの組を潰して廻っていた村上勝太郎(通称・勝吉=赤井英和)は、自身のボクシングジムを営んでいたが、練習生がジムで覚醒剤取り引きをし逮捕されたことでジムを畳む。その後、元犯罪者の更生プロジェクトを運営している幼馴染み・沢村源蔵の経営する串カツ屋で働き出す。
ある日、勝吉は刑務所の慰問に誘われて訪れた刑務所で、かつて、共にヤクザを潰して廻った弟分・神木雄司(通称・コオロギ=上西雄大)と再会する。コオロギは悪い女に引っかかり、覚醒剤所持で服役していたが、間もなく沢村の協力で出所し、勝吉と共に串カツ屋で働き出す。
勝吉はある日、少年・徳永武が逃げ出した宗教団体に捕まるところに居合わせ、武を助けるが、武は洗脳されており、また、母親が入信し、父親と別れさせられたショックから、口がきけなくなっていた。失読症で文字が読めないコオロギは、筆談で会話をしようとする武が書く文字が読めず、悔しい思いをする。また、その宗教団体には、かつて勝吉にボクシングと”Never giveup(ねばぎば)”という言葉を教えた恩師・須賀田元(西岡德馬)の娘・琴音(有森也実)も入信していた。武と恩師の娘を助ける為、見返りを求めない人情の男・勝吉とコオロギは再びコンビで立ち上がる。

監督・脚本・プロデューサー
上西雄大
出演
赤井英和/上西雄大/田中要次/菅田俊/有森也実/小沢仁志/西岡德馬(特別出演)
配給
10ANTS、渋谷プロダクション
公式サイト
https://nebagiba-shinsekai.com/

©YUDAI UENISHI