Films

上映作品

新作料金 G 上映時間:113分

はい、泳げません

2022年製作/113分/G/日本
配給:東京テアトル、リトルモア
この作品の上映日
  • 08/10
    (水)
  • 08/11
    (木)
  • 08/12
    (金)
  • 08/13
    (土)
  • 08/14
    (日)
  • 08/15
    (月)
  • 08/16
    (火)
08/10 (水)

はい、泳げません

新作料金 G 上映時間:113分

10:00 - 12:03

販売時間外

08/11 (木)

はい、泳げません

新作料金 G 上映時間:113分

18:00 - 20:03

販売時間外

08/12 (金)

はい、泳げません

新作料金 G 上映時間:113分

上映はありません

08/13 (土)

はい、泳げません

新作料金 G 上映時間:113分

上映はありません

08/14 (日)

はい、泳げません

新作料金 G 上映時間:113分

上映はありません

08/15 (月)

はい、泳げません

新作料金 G 上映時間:113分

上映はありません

08/16 (火)

はい、泳げません

新作料金 G 上映時間:113分

上映はありません

作品紹介

泳げない僕に、人魚のようなコーチが教えてくれた
たくさん泣くこと、笑うこと。

大学で哲学を教える小鳥遊雄司(たかなしゆうじ)は、泳げない。水に顔をつけることも怖い。屁理屈ばかりをこねて、人生のほとんどで水を避けてきた雄司はある日、ひょんなことから水泳教室に足を運ぶ。訪れたプールの受付で、強引に入会を勧めて来たのが水泳コーチの薄原静香(うすはらしずか)だった。静香が教える賑やかな主婦たちの中に、体をこわばらせた雄司がぎこちなく混ざる。その日から、陸よりも水中の方が生きやすいという静香と、水への恐怖で大騒ぎしながらそれでも続ける雄司の、一進一退の日々が始まる。泳ぎを覚えていく中で雄司は、元妻の美弥子との過去や、シングルマザーの恋人・奈美恵との未来など、目をそらし続けて来た現実とも向き合うことになる。それは、ある決定的な理由で水をおそれることになった雄司の、苦しい再生への第一歩だったーー。

長谷川博己×綾瀬はるか×渡辺謙作監督×髙橋秀実(原作者)で贈る、水泳教室を舞台にした“泳げない男”と“泳ぐことしかできない女”の希望と再生の物語。

監督・脚本
渡辺謙作
出演
長谷川博己/綾瀬はるか/小林薫/阿部純子/麻生久美子
原作
髙橋秀実『はい、泳げません』(新潮文庫刊)
配給
東京テアトル、リトルモア
公式サイト
https://hai-oyogemasen.jp/

©2022「はい、泳げません」製作委員会