Films

上映作品

新作料金 PG12 上映時間:117分

ひとくず<アンコール上映決定!>

2019年製作/117分/PG12/日本
配給:渋谷プロダクション
この作品の上映日
  • 06/18
    (金)
  • 06/19
    (土)
  • 06/20
    (日)
  • 06/21
    (月)
  • 06/22
    (火)
  • 06/23
    (水)
  • 06/24
    (木)
06/18 (金)

上映はありません

06/19 (土)

上映はありません

06/20 (日)

上映はありません

06/21 (月)

上映はありません

06/22 (火)

上映はありません

06/23 (水)

上映はありません

06/24 (木)

上映はありません

作品紹介

少女を地獄からすくったのは、人間のくずだった―――
「劇団テンアンツ」を主宰する俳優の上西雄大が監督、脚本、主演などを務め、児童虐待や育児放棄をテーマに描くヒューマンドラマ。

劇団テンアンツ代表の上西雄大監督が、児童相談所に勤務する児童精神科医師の楠部知子から耳にした虐待に関する実態をもとに描いた人間ドラマ。

生まれてからずっと虐待の日々が続く少女・鞠。食べる物もなく、電気もガスも止められている家に置き去りにされた鞠のもとへ、犯罪を重ねる破綻者の男・金田が空巣に入る。
幼い頃に虐待を受けていた金田は、鞠の姿に、自分を重ね、社会からは外れた方法で彼女を救おうと動き出す。そして、鞠の母である凜の恋人から鞠が虐待を受けていることを知る。虐待されつつも母親を愛する鞠。鞠が虐待されていると確信した担任教諭は、児童相談所職員を連れてやって来るが、鞠は母の元を離れようとせず、保護する事ができずにいた。
金田は鞠を掬うため虐待をする凜の恋人を殺してしまう。
凜に力ずくで、母親にさせようとする金田。しかし、凜もまた、虐待の過去を持ち、子供の愛し方が分からないでいた。そんな3人が不器用ながらも共に暮らし、「家族」の暖かさを感じ本物の「家族」へと近付いていく、、、。

監督・脚本・編集・主演
上西雄大
出演
小南希良梨/古川藍/徳竹未夏/田中要次/木下ほうか
配給
渋谷プロダクション
公式サイト
https://hitokuzu.com/

©yudai uenishi