Films

上映作品

5月27日(金)より上映

新作料金 PG12 上映時間:140分

アネット

2020年製作/140分/PG12/フランス・ドイツ・ベルギー・日本・メキシコ合作
原題:ANNETTE
配給:ユーロスペース
この作品の上映日
  • 05/20
    (金)
  • 05/21
    (土)
  • 05/22
    (日)
  • 05/23
    (月)
  • 05/24
    (火)
  • 05/25
    (水)
  • 05/26
    (木)
05/20 (金)

上映はありません

05/21 (土)

上映はありません

05/22 (日)

上映はありません

05/23 (月)

上映はありません

05/24 (火)

上映はありません

05/25 (水)

上映はありません

05/26 (木)

上映はありません

作品紹介

愛の大渦(メールストロム)に呑み込まれる、ダークファンタジー・ロック・オペラ!
唯一無二の監督カラックスのとてつもない傑作!

ロサンゼルス。攻撃的なユーモアセンスをもったスタンダップ・コメディアンのヘンリーと、国際的に有名なオペラ歌手のアン。“美女と野人”とはやされる程にかけ離れた二人が恋に落ち、やがて世間から注目されるようになる。だが二人の間にミステリアスで非凡な才能をもったアネットが生まれたことで、彼らの人生は狂い始める。

2021年のカンヌ国際映画祭。コロナ禍で前年中止され2年ぶりの開催となったカンヌのオープニングを飾ったのがレオス・カラックスの新作『アネット』だった。長編6作目にして初の英語映画、初のミュージカル。シニカルで悪夢的なおとぎ話、しかもタイトルロールを演じるのが人形という『アネット』は、カンヌ再開にふさわしいサプライズとなった。「傑作」という好評も相次ぎ、監督賞を受賞した。
キャストは、スタンダップコメディであがき続け、嫉妬や猜疑で理性を失っていくヘンリーという難しいキャラクターを演じたアダム・ドライバー。そして、オペラの歌姫アンを演じたのはアカデミー賞受賞歴のあるマリオン・コティヤール。
息をするのも忘れるくらい、圧倒的な物語に酔いしれるだろう。

監督
レオス・カラックス
出演
アダム・ドライバー/マリオン・コティヤール/サイモン・ヘルバーグ
配給
ユーロスペース
公式サイト
https://annette-film.com/

© 2020 CG Cinéma International / Théo Films / Tribus P Films International / ARTE France Cinéma / UGC Images / DETAiLFILM / EUROSPACE / Scope Pictures / Wrong men / Rtbf (Télévisions belge) / Piano