Films

上映作品

8月26日(金)より上映

新作料金 G 上映時間:131分

オフィサー・アンド・スパイ

2019年製作/131分/G/フランス・イタリア合作
原題:J'accuse
配給:ロングライド
この作品の上映日
  • 08/10
    (水)
  • 08/11
    (木)
  • 08/12
    (金)
  • 08/13
    (土)
  • 08/14
    (日)
  • 08/15
    (月)
  • 08/16
    (火)
08/10 (水)

上映はありません

08/11 (木)

上映はありません

08/12 (金)

上映はありません

08/13 (土)

上映はありません

08/14 (日)

上映はありません

08/15 (月)

上映はありません

08/16 (火)

上映はありません

作品紹介

歴史を変えた逆転劇。
ロマン・ポランスキー監督最新作、世界が震撼した[衝撃の実話]世紀の国家スキャンダル〈ドレフュス事件〉映画化

1894年、フランス。
ユダヤ人の陸軍大尉ドレフュスが、ドイツに軍事機密を流したスパイ容疑で終身刑を宣告される。ところが対敵情報活動を率いるピカール中佐は、ドレフュスの無実を示す衝撃的な証拠を発見。彼の無実を晴らすため、スキャンダルを恐れ、証拠の捏造や、文書の改竄などあらゆる手で隠蔽をもくろむ国家権力に抗いながら、真実と正義を追い求める姿を描く。

『戦場のピアニスト』ロマン・ポランスキー監督の最新作は、歴史的冤罪事件“ドレフュス事件”の映画化。巨大権力と闘った男の不屈の信念と壮絶な逆転劇を描きベネチア国際映画祭では銀獅子賞を受賞。本国フランスでは、第45回セザール賞で3部門を受賞しNo.1大ヒットを記録した。
当時のフランスに、国家の土台を揺るがす深刻な分断をもたらしたこの事件。監督は、いわれなき罪を着せられたドレフュスと、彼を救い世に真実を知らしめようとする主人公ピカールの壮絶な運命を描出。その圧倒的なまでにサスペンスフルで、心揺さぶるストーリー展開は、衣装や美術などのあらゆる細部を突きつめた重厚なビジュアルと相まってひとときも目が離せない。
現代に通底する事件を通し、今の時代に警鐘を打ち鳴らす傑作歴史サスペンス上陸!

監督
ロマン・ポランスキー
脚本
ロバート・ハリス/ロマン・ポランスキー
原作
ロバート・ハリス「An Officer and a Spy」
出演
ジャン・デュジャルダン/ルイ・ガレル/エマニュエル・セニエ/グレゴリー・ガドゥボワ/メルヴィル・プポー/マチュー・アマルリック
配給
ロングライド
公式サイト
https://longride.jp/officer-spy/

©️ 2019-LÉGENDAIRE-R.P.PRODUCTIONS-GAUMONT-FRANCE2CINÉMA-FRANCE3CINÉMA-ELISEO CINÉMA-RAICINÉMA / ©️ Guy Ferrandis-Tous droits réservés