Films

上映作品

12月4日(金)より上映

新作料金 G 上映時間:114分

スペシャルズ! ~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~

2019年製作/114分/G/フランス
原題:Hors Normes / The Specials
配給:ギャガ
この作品の上映日
  • 12/03
    (木)
  • 12/04
    (金)
  • 12/05
    (土)
  • 12/06
    (日)
  • 12/07
    (月)
  • 12/08
    (火)
  • 12/09
    (水)
作品紹介

〈無認可・赤字経営・閉鎖の危機〉の施設で、問題を抱えた子供たちを救うふたり
見た目はコワモテだが、合言葉は「何とかする」、トレードマークは「笑顔」

ブリュノは今日も朝から大忙し。自閉症児をケアする施設〈正義の声〉を経営しているのだが、どんな問題を抱えていても断らないために、各所で見放された子供たちでいっぱいなのだ。〈正義の声〉で働くのは、ブリュノの友人のマリクに教育されたドロップアウトした若者たち。どこから見てもコワモテのふたりだが、社会からはじかれた子供たちを、まとめて救おうとしているのだ。その成果は現れ、最悪の問題児だったディランと、最も重症のヴァランタンの間に、絆が芽生えようとしていた。だが、無認可・赤字経営の〈正義の声〉に監査が入ることになり、閉鎖の危機に迫られる。さらに、ディランが目を離した隙にヴァランタンが失踪するという事件が起き──。ヴァランタンはどこへ消えたのか? そして施設はこのまま閉鎖に追い込まれるのか? 救いの手が必要な子供たちの未来は──?

「最強のふたり」のエリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ監督がケア施設に働く2人の男たちの実話を、ユーモアを交えて描いたヒューマンドラマ。
ブリュノ役を「ブラック・スワン」「ジェイソン・ボーン」のバンサン・カッセル、マリク役を「アランフエスの麗しき日々」「世界の涯ての鼓動」のレダ・カティブがそれぞれ演じるほか、本物の介護者と自閉症の若者、その家族たちが多数キャスティングされている。

監督・脚本
エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ
出演
ヴァンサン・カッセル/レダ・カテブ/エレーヌ・ヴァンサン
配給
ギャガ
公式サイト
https://gaga.ne.jp/specials/

© 2019 ADNP - TEN CINÉMA - GAUMONT - TF1 FILMS PRODUCTION - BELGA PRODUCTIONS - QUAD+TEN