Films

上映作品

特別料金 上映時間:41分

ピアノーウクライナの尊厳を守る闘いー

2015年製作/41分/ポーランド
原題:PIANO
配給:アジアンドキュメンタリーズ
この作品の上映日
  • 07/02
    (土)
  • 07/03
    (日)
  • 07/04
    (月)
  • 07/05
    (火)
  • 07/06
    (水)
  • 07/07
    (木)
  • 07/08
    (金)
07/02 (土)

ピアノーウクライナの尊厳を守る闘いー

特別料金 上映時間:41分

10:00 - 10:51

販売時間外

07/03 (日)

ピアノーウクライナの尊厳を守る闘いー

特別料金 上映時間:41分

13:00 - 13:51

販売時間外

07/04 (月)

ピアノーウクライナの尊厳を守る闘いー

特別料金 上映時間:41分

上映はありません

07/05 (火)

ピアノーウクライナの尊厳を守る闘いー

特別料金 上映時間:41分

上映はありません

07/06 (水)

ピアノーウクライナの尊厳を守る闘いー

特別料金 上映時間:41分

上映はありません

07/07 (木)

ピアノーウクライナの尊厳を守る闘いー

特別料金 上映時間:41分

上映はありません

07/08 (金)

ピアノーウクライナの尊厳を守る闘いー

特別料金 上映時間:41分

上映はありません

作品紹介

一台のピアノが紡ぐ、自由と平和への願い

2014年2月、親ロシア派の政権に抗議する市民や学生が機動隊と対峙した「ユーロ・マイダン革命」。この騒乱の真っただ中の首都キーウの独立広場で、音楽院の学生アントネッタ・ミッシェンコがバリケードにされようとしていたピアノを救い出した。厳寒の広場で若きアントネッタが演奏するショパンは人々の心をつかむ。そして世界的に有名な作曲家であるリュドミラ・チチュクや兵士のヴォロディミル、覆面の男ボーダンも演奏に加わっていく。政権側は彼らを「ピアノ過激派」と呼んだ。広場のピアノと4人の英雄は、やがてウクライナの平和革命の象徴となり、同時に権威主義的支配への抵抗となっていく。

監督
ビータ・マリア・ドルィガス
配給
アジアンドキュメンタリーズ
公式サイト
https://ukraine-piano.com/
特別料金
一般・シニア(60歳以上)1,000円

© Asian Documentaries Corporation.