Films

上映作品

2月4日(金)より上映

新作料金 G 上映時間:113分

ミュジコフィリア

2021年製作/113分/G/日本
配給:アーク・フィルムズ
この作品の上映日
  • 01/20
    (木)
  • 01/21
    (金)
  • 01/22
    (土)
  • 01/23
    (日)
  • 01/24
    (月)
  • 01/25
    (火)
  • 01/26
    (水)
01/20 (木)

上映はありません

01/21 (金)

上映はありません

01/22 (土)

上映はありません

01/23 (日)

上映はありません

01/24 (月)

上映はありません

01/25 (火)

上映はありません

01/26 (水)

上映はありません

作品紹介

音楽コミックの伝説的傑作がついに映画化!
オール京都ロケによる、【音楽に情熱を注ぐ者たち(ミュジコフィリア)】が奏でる青春群像劇

京都の芸術大学に入学した朔は、ひょんなことで「現代音楽研究会」に引き込まれる。クセの強い教授や学生たちが集まるそのサークルには、朔が憧れてきた幼なじみでバイオリニストの小夜、そして著名な作曲家の息子で、自身も天才作曲家と期待される大成がいた。実は、大成は朔の異母兄で、朔は子供の頃から色や形を「音」として感じる才能を持ちながらも父と兄へのコンプレックスから音楽を憎んできたのだ。だが天性の歌声を持ち、朔に想いを寄せるピアノ科の凪が現われ、朔の秘めた才能が開花し始める――。

原作は、文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を2度にわたり受賞している漫画家さそうあきらによる同名作品。音楽への深い愛情と知識に溢れた傑作がついに映画化を果たした。

主人公・朔には若手実力派として活躍し、本作が初主演となる井之脇海。朔の異母兄に、ミュージカルはもとよりドラマ・映画と幅広い活躍を見せる山崎育三郎。二人は実際にピアノ演奏を手掛け、クライマックスで見事なアンサンブルを披露している。そして朔に想いを寄せるヒロイン・松本穂香はギターと主題歌を担当。その瑞々しい歌声で物語をエモーショナルに彩った。

監督
谷口正晃
脚本・プロデューサー
大野裕之
原作
さそうあきら「ミュジコフィリア」(双葉社刊)
出演
井之脇海/松本穂香/山崎育三郎/川添野愛/阿部進之介/石丸幹二/濱田マリ/神野三鈴
配給
アーク・フィルムズ
公式サイト
https://musicophilia-film.com/

©2021 musicophilia film partners ©さそうあきら/双葉社