Films

上映作品

6月12日(金)より上映

新作料金 G 上映時間:115分

前田建設ファンタジー営業部

2020年/115分/G/日本
配給:バンダイナムコアーツ、東京テアトル
この作品の上映日
  • 05/26
    (火)
  • 05/27
    (水)
  • 05/28
    (木)
  • 05/29
    (金)
  • 05/30
    (土)
  • 05/31
    (日)
  • 06/01
    (月)
05/26 (火)

上映はありません

05/27 (水)

上映はありません

05/28 (木)

上映はありません

05/29 (金)

上映はありません

05/30 (土)

上映はありません

05/31 (日)

上映はありません

06/01 (月)

上映はありません

作品紹介

建設業界のブルーオーシャン(新市場)を切り拓け!
「意味のないこと」に本気で取り組んだ熱きサラリーマンたちを描く
「実話」から生まれた積算エンターテイメント!

「意味のないこと」に本気で取り組んだサラリーマンたちの熱き戦いを描いた映画が誕生した―。

ダム、トンネルなど数々の大プロジェクトに携わってきた前田建設工業株式会社が、「アニメやゲームに登場する建造物を実際に作ったらどうなるか?」を本格的に検証するWEBコンテンツ「前田建設ファンタジー営業部」を実写映画化。

2003年、バブル崩壊後の建設業界。前田建設の広報グループ長は、「アニメ『マジンガーZ』の出撃シーンに登場する地下格納庫を現状の技術と材料で建設したらどうなるのか?」を検証するWEB連載を提案する。広報グループの若手社員・土井は嫌々ながらもプロジェクトに携わるうち、架空のものに対してどこまでも真剣に向き合う社内外の技術者たちの姿を目の当たりにし、意味のないことだと思っていた業務に本気で取り組むようになっていく。

主演は、映画『見えない目撃者』『ギャングース』などで活躍が続く人気若手俳優の高杉真宙が、冷静かつドライな若手サラリーマンのドイ役を演じる。
そのドイと同じ広報グループで優柔不断な先輩ベッショ役には、音楽からバラエティまで幅広いジャンルで活躍する上地雄輔、紅一点でやる気のない部員・エモト役に『愛がなんだ』などの高い演技力で大注目の若手女優岸井ゆきのがそれぞれ新境地を切り開いていく。

「サマータイムマシン・ブルース」などで知られる劇団ヨーロッパ企画の上田誠が脚本を手がけ、「あさひなぐ」「賭ケグルイ」の英勉監督がメガホンをとった。

監督
英勉
脚本
上田誠
出演
高杉真宙/上地雄輔/岸井ゆきの/本多力/町田啓太/六角精児/小木博明(おぎやはぎ)
配給
バンダイナムコアーツ、東京テアトル
公式サイト
https://maeda-f-movie.com/

©前田建設/Team F ©ダイナミック企画・東映アニメーション