Films

上映作品

10月21日(金)より上映

新作料金 G 上映時間:91分

夜明けまでバス停で

2022年製作/91分/G/日本
配給:渋谷プロダクション
この作品の上映日
  • 09/25
    (日)
  • 09/26
    (月)
  • 09/27
    (火)
  • 09/28
    (水)
  • 09/29
    (木)
  • 09/30
    (金)
  • 10/01
    (土)
09/25 (日)

上映はありません

09/26 (月)

上映はありません

09/27 (火)

上映はありません

09/28 (水)

上映はありません

09/29 (木)

上映はありません

09/30 (金)

上映はありません

10/01 (土)

上映はありません

作品紹介

これは、ある日誰にでも起こりうる、日本の社会の危惧すべき現状を描いた物語である―。

2020年11月の深夜。大道路沿いにあるバス停の細いベンチに、うつむくように腰をかけた北林三知子(45)が仮眠をとっている。このところ一気に冷え込むようになった。手持ちのコートではこの先の寒さには耐えられないかもしれない。向こうからコンビニ袋を下げた男がやってくる。男は生垣から石を拾ってコンビニ袋の中に入れる。キャリーケースに頭をもたげた三知子はそれには気付いていない。男は三知子のすぐ前で立ち止まり、コンビニ袋を頭上に振り上げた―。三知子は以前まで、焼き鳥屋で住み込みアルバイトとして働いていたが、突然のコロナ禍により仕事と家を同時に失ってしまう。新しい仕事もなく、ファミレスや漫画喫茶も閉まっている。途方に暮れる三知子の目の前には、街灯が照らし暗闇の中そこだけ少し明るくポツリと佇むバス停があった…。

2020年冬。幡ヶ谷のバス停で寝泊まりする、あるひとりのホームレスの女性が、突然襲われてしまう悲劇があった。非正規雇用や自身の就労年齢により、いつ自分に仕事がなくなるか分からない中、コロナ禍によって更に不安定な就労状況。そして自らが置かれている危機的状況にもかかわらず、人間の「自尊心」がゆえに生じてしまう、助けを求められない人々。本作は、もしかしたら明日、誰しもが置かれるかもしれない「社会的孤立」を描く。

監督
高橋伴明
出演
板谷由夏/大西礼芳/三浦貴大/柄本佑/筒井真理子/根岸季衣/柄本明
配給
渋谷プロダクション
公式サイト
https://yoakemademovie.com/

©2022「夜明けまでバス停で」製作委員会