Films

上映作品

8月7日(金)より上映

旧作料金 G 上映時間:100分

日日是好日

2018年/100分/G/日本
配給:東京テアトル、ヨアケ
この作品の上映日
  • 07/12
    (日)
  • 07/13
    (月)
  • 07/14
    (火)
  • 07/15
    (水)
  • 07/16
    (木)
  • 07/17
    (金)
  • 07/18
    (土)
07/12 (日)

上映はありません

07/13 (月)

上映はありません

07/14 (火)

上映はありません

07/15 (水)

上映はありません

07/16 (木)

上映はありません

07/17 (金)

上映はありません

07/18 (土)

上映はありません

作品紹介

季節のように生きる。
一期一会の感動作がここに誕生。

真面目で、理屈っぽくて、おっちょこちょい。そんな典子は母に勧められて、お茶を習うことになった。二十歳の春だった。それから二十四年。就職の挫折、失恋、大切な人との別れ。いつも側にはお茶があった。五感を使って、全身で、その瞬間を味わった。やがて「日日是好日」という言葉をかみしめていく美しき時の流れ。この映画は、内なる自由と生きる喜び、そして、かけがえのない”今”を描く物語である。

主人公・典子を演じるのは若手実力派女優の黒木華。典子のいとこで、共に茶道教室に通い始める美智子を演じるのは多部未華子。典子のお茶の師匠となる武田先生を演じるのは、名女優・樹木希林。「習い事の先生」という枠を大きく超えた人生の師匠として、大きな包容力で典子たちを導いていく。
監督・脚本は大森立嗣。ハードボイルドな作品が多い大森監督にとって、今作は新境地といえる。原作は人気エッセイスト、森下典子が茶道教室に通う日々を綴ったロングセラー。瑞々しく描かれる心象風景や青春像、そして「お茶」がもたらす人生訓的な”気づき”の数々は、茶道経験者の枠を越え、様々な岐路に立つ読者にとって心の拠り所となっている。

監督
大森立嗣
出演
黒木華/樹木希林/多部未華子
原作
森下典子『日日是好日-「お茶」が教えてくれた15のしあわせ‐』(新潮文庫刊)
公式サイト
http://www.nichinichimovie.jp/
配給
東京テアトル、ヨアケ
備考
8/8(土)休映

© 2018「日日是好日」製作委員会