Films

上映作品

2月18日(金)より上映

新作料金 G 上映時間:158分

COME & GOカム・アンド・ゴー

2020年製作/158分/G/日本・マレーシア合作
原題:Come and Go
配給:リアリーライクフィルムズ + Cinema Drifters 
この作品の上映日
  • 01/20
    (木)
  • 01/21
    (金)
  • 01/22
    (土)
  • 01/23
    (日)
  • 01/24
    (月)
  • 01/25
    (火)
  • 01/26
    (水)
01/20 (木)

上映はありません

01/21 (金)

上映はありません

01/22 (土)

上映はありません

01/23 (日)

上映はありません

01/24 (月)

上映はありません

01/25 (火)

上映はありません

01/26 (水)

上映はありません

作品紹介

オオサカ・アジアン・クロスロード。
夢も希望も幸福も、挫折も搾取も裏切りも、みんなあの空の下。

桜の蕾が膨らんで、満開の季節の訪れを誰もが感じている大阪・キタ。中崎町にある古い木造アパートで、白骨化した老婦人の死体が発見された。警察は実況見分で、アパートの周りの捜査や関係者へ事情聴取を行っていた。孤独死なのか、または財産絡みの謀殺なのか、いろいろな噂が飛び交っている。この狭い地域の中では、中国、台湾、韓国の観光客、マレーシアのビジネスマン、ネパール難民、ミャンマー人留学生、ベトナム人技能実習生などの外国人たち、彼らとの日常を共有している日本人たちにも、少なからずちょっとした事件が起きている。彼らは、まるで交差点(クロスロード)で出会う人々のように、深くも浅くもどこかで繋がっているようだ。
事件が終わりを告げるとき、彼らには新たな岐路(クロスロード)が待ち受けていた。

北京、香港を経て、現在は大阪を拠点に活動を続けている、旅する映画作家リム・カーワイが、異邦人だからこそ見えてきた、日本の深層を軽やかに切り込んでいる。アジア9か国に及ぶ様々な国籍・言語・人種のキャラクターたちによって紡がれる複雑な背景の物語を、カーワイ監督は気持ちいいほど巧妙に捌き分け、しかし、その語り口は一貫してオフビート。その演出手腕に敬服する、圧巻の2時間38分だ。

監督
リム・カーワイ
出演
リー・カーション/リエン・ ビン・ファット/J・C・チー/モウサム・グルン/ナン・トレイシー /ゴウジー/イ・グァンス/デイヴィッド・シウ/千原せいじ/渡辺真起子/兎丸愛美 /桂雀々/尚玄/望月オーソン/天人純
配給
リアリーライクフィルムズ + Cinema Drifters 
公式サイト
https://www.reallylikefilms.com/comeandgo
備考
2/21(月)休映

©️cinemadrifters