演屋祭

ABOUT

はじめに

はじめまして、「THEATER ENYA/シアター・エンヤ」館長の甲斐田晴子です。

シアター・エンヤは2019年10月に、佐賀県唐津市に22年ぶりに復活した映画館です。総合芸術の側面をもちながら、老若男女が楽しめるエンターテインメントである映画の可能性を強く信じ、「映画で唐津のまちと人のハートを元気にする」をモットーに、日々活動しています。

THEATRE ENYA 外観

映画館シアター・エンヤの前身は、まちづくり会社いきいき唐津(株)が地域活性化を願って立ち上げた「唐津シネマの会」という市民団体で、2012年から活動をスタートさせ、映画館のない町に映画を届けようと定期的な自主上映会を地道に開催してきました。機関紙「IMAKARA」を発刊し、これまでに是枝裕和監督、西川美和監督、石井裕也監督、大森立嗣監督らにインタビューを行い唐津の皆さんへ映画の面白さ、可能性を伝えてきました。

そうした活動がきっかけとなり、2017年には、唐津映画製作推進委員会を立上げ大林宣彦監督とともに『花筐/HANAGATAMI』をオール唐津ロケで製作し、2019年10月には、商店街の再開発事業の一環として建設された「KARAE」の中に、唐津に22年ぶりに映画館シアター・エンヤを復活させることができました。

地道に映画の活動をしてきた背景には、総合芸術の側面をもちながら、老若男女が楽しめるエンターテインメントである映画の可能性を信じ、映画館は、少子高齢化の進む地方において、文化や価値のダイバーシティーを届け、若者の文化教育の機会を創出し、高齢者の生きがいともなる場になる、地域の大切な文化のインフラストラクチャーであるという信念があります。

映画を視聴中の様子

演屋祭について

そんな地方の小さな映画館が企画する映画祭「演屋祭」は、全国からショートフィルムを募集するアワードで、クリエイターの人材育成を応援しながら、唐津の地方創生に取り組むものです。

第1回目は、2021年よりコロナ禍の中で、表現や発表の場が激減したクリエイターの皆さんの支援の思いを込めて発表の場をつくろうと、佐賀県Lives Beyondの支援を通して、作品を公募し、発表の場として映画祭「演屋祭」を実現しました。

はじめての映画祭は、小さな公募だったにもかかわらず、多くの作品が集まり、映画祭には全国から入賞者が集まり、地方の映画館が全国のクリエイターの皆さんと繋がり、その取組が全国に発信されました。励ますはずの私達が作品に励まされ、また地域の人々にとっても商業映画では触れることが出来ないような多彩な作品を目にすることは驚きと学びに繋がりました。

映画館は、地域の人達のための文化のインフラストラクチャーですが、映画祭は、全国に向けて映画の可能性を信じるクリエイターの皆さんへ発信でき、またクリエイターだけでなく地域の人々の成長の場となり、地域の活性化に繋がる有意義な機会となると確信しました。そうした体験から、映画祭の取り組みを続け地域に根づかせていこうと考えています。

今後、クリエイターの皆さんにとって、登竜門となる映画祭として認知が広がるように、第2回目の開催からは、ゲスト審査員に映画監督やプロデューサーなど映画のプロフェッショナルに参加していただきます。期間中は、ノミネート作品の上映と合わせて、ゲスト審査員の監督作品の特集上映会&ティーチインを行います。また、ノミネート作品のクリエイター同士のつながりや、監督やプロデューサーとの縁をつなぐ場として、映画祭の最後には関係者の交流会を開催します。

スピーチをする瑚海みどりさん

そして、映画祭を持続可能なものにしていくために、私達は3つの活動に取り組みます。

①シアター・エンヤの市民サポーターの皆さんによる「演屋際実行委員会」の活動
⇒映画祭の地域への周知活動や当日の映画祭の運営などを、日頃から映画館のファンであり、サポーターである市民の皆さんと共に活動します。

②映画祭スポンサーの募集
⇒地元企業を中心に映画祭のスポンサーを募ります。

③毎年地元クリエイターとコラボのオリジナルグッズを造成しクラウドファウンディングを実施
⇒初回のクラウドファウンディングは、唐津出身の漫画家「やまだないと」さんとコラボグッズを制作
▼第2回クラウドファンディングHP
https://camp-fire.jp/projects/view/576410

終わりに

私達は、10年前に、映画館のないまちで映画の灯をともそうと始まった市民活動がきっかけで、22年ぶりに、ここ唐津のまちで映画館が復活させました。消えゆく一方の地方の映画館ですが、これまでにない新たな映画館のビジネスモデルをつくり、小さな地方都市で奇跡的に映画館の運営を実現しています。
私達の次の目標は、「映画祭のあるまち、唐津」として、唐津映画祭「演屋祭」をここ唐津に根づかせ、地元地元の皆さんが映画祭があることを誇りに思い、全国のクリエイターの皆さんが唐津に集う、そのような映画祭を育てていくことです。

「唐津のまちには、素敵な映画祭があるんだよ」

将来そんな風に、地元住民の皆さんが 、そして全国のクリエイターの皆さんが口々に語ってくれるような映画祭に成長していきたいと思っています。映画の可能性を信じる皆さん、どうぞ映画館シアター・エンヤ、そして唐津映画祭「演屋祭」の取り組みをあたたかいエールをお送り下さい!

全員で記念撮影