上映作品

仕掛人・藤枝梅安

新作料金 G 上映時間:134分
上映期間
5月26日(金)〜6月1日(木)

2023年製作/134分/G/日本

配給:イオンエンターテイメント

この作品の上映日

  • 06/20 (木)
  • 06/21 (金)
  • 06/22 (土)
  • 06/23 (日)
  • 06/24 (月)
  • 06/25 (火)
  • 06/26 (水)

06/20 (木)

上映はありません

06/21 (金)

上映はありません

06/22 (土)

上映はありません

06/23 (日)

上映はありません

06/24 (月)

上映はありません

06/25 (火)

上映はありません

06/26 (水)

上映はありません

作品紹介

池波正太郎のベストセラー時代小説「仕掛人・藤枝梅安」シリーズを、池波正太郎生誕100年となる2023年に豊川悦司主演で映画化した2部作の第1部。

江戸の郊外、品川台町に住む鍼医者の藤枝梅安には二つの顔があった。腕の良い鍼医者の表の顔と、生かしておいては為にならない奴らを闇に葬る冷酷な仕掛人の裏の顔だ。ある日、梅安は料理屋を訪ね、仕掛の標的であるおかみの顔を見て息を呑む。それは梅安に暗い身の上を思い出させる対面だった・・・。梅安の仕掛は果たしてどんな決着をみせるのかー。

「仕掛人・藤枝梅安」は、「鬼平犯科帳」「剣客商売」とともに時代小説の大家・池波正太郎の三大シリーズとして、長く愛されている作品。その最大の魅力は、主人公の梅安が、人の命を救う「鍼医」と人を殺める「仕掛人」、ふたつの顔を持つ人物であるということ。人は悪いことをしながら、一方では善いこともする矛盾した存在である。これは池波正太郎が作品の中に描き続けたテーマである。本作は、世界観や時代劇の伝統をリスペクトしながら「時代劇、新時代。」の代表作、メイド・イン・ジャパンのエンターテイメント作品となっている。



監督
河毛俊作
出演
豊川悦司/片岡愛之助/菅野美穂/小野了/高畑淳子/小林薫/柳葉敏郎/天海祐希
原作
池波正太郎「仕掛人・藤枝梅安」(講談社文庫刊)
配給
イオンエンターテイメント
公式サイト
https://baian-movie.com/