上映作品

柳川

新作料金 G 上映時間:112分
上映期間
3月3日(金)〜3月9日(木)

2021年製作/112分/G/中国

原題:漫⾧的告白 Yanagawa

配給:Foggy、イハフィルムズ

この作品の上映日

  • 04/22 (月)
  • 04/23 (火)
  • 04/24 (水)
  • 04/25 (木)
  • 04/26 (金)
  • 04/27 (土)
  • 04/28 (日)

04/22 (月)

上映はありません

04/23 (火)

上映はありません

04/24 (水)

上映はありません

04/25 (木)

上映はありません

04/26 (金)

上映はありません

04/27 (土)

上映はありません

04/28 (日)

上映はありません

作品紹介

「慶州」「群山」「福岡」アジアの町を独自の感性で描いてきたチャン・リュル監督最新作
〝日本のヴェニス〟福岡・柳川を舞台に日中スターが共演。
―過去と孤独が交錯する人間ドラマ

中年になり自分が不治の病であることを知ったドンは、長年疎遠になっていた兄・チュンを日本・柳川への旅に誘う。
柳川は北京語で「リウチュアン」と読み、2人が青春時代に愛した女性「柳川(リウ・チュアン)」と同じだった。
20年ほど前、 チュンの恋人だったチュアンは、ある日突然、 姿を消してしまったが、今は柳川で暮らしているという。
誰にも理由を告げずに消えた彼女の存在は、兄弟の中で解けない謎になっていた。ドンとチュンは、 柳川でついにチュアンと再会するが…。

監督・脚本を⼿掛けたチャン・リュル監督は中国出⾝の朝鮮族で、これまで韓国映画を送り出し、ヴェネチア、カンヌ、ベルリンなど世界の映画祭で⾼く評価されてきた。⽇本でも『キムチを売る⼥』『慶州(キョンジュ) ヒョンとユニ』『春の夢』が劇場公開された。
本作は『福岡』に続く、⽇本を舞台にした第2作であり、中国出⾝だが韓国を中⼼に活動してきたチャン・リュル監督にとって、『⾖満江』以来11 年ぶりの中国語映画となる。

チュアンを演じるのは、チャン・イーモウ監督の“⾦陵⼗三釵”(2011)でデビューを果たし、今や中華圏で絶⼤な⼈気を誇るニー・ニー。兄弟を演じるシン・バイチンとチャン・ルーイーは『空海 KU-KAI 美しき王妃の謎』でも共演している実⼒派俳優。
さらに⽇本からは『アジアの天使』など国際共同制作作品にも積極的に参加している池松壮亮と、『君よ憤怒の河を渉れ』などで中国での圧倒的な知名度を誇る中野良⼦が出演。
チャン・リュル監督にとって初めて中国スターを主演に迎えた作品であり、初めて⽇本⼈⼈気スターを起⽤した作品でもある。

中国映画の最高峰とされる映画賞である第35回金鶏奨(ゴールデンルースター賞)で、主演女優賞(ニー・二―)、脚本賞、助演男優賞(シン・バイチン)、中低予算映画賞の4部門にノミネートされ、最優秀助演男優賞、最優秀中低予算映画賞を獲得した。

監督・脚本
チャン・リュル
出演
ニー・ニー/チャン・ルーイー/シン・バイチン/池松壮亮/中野良⼦/新⾳
配給
Foggy、イハフィルムズ
公式サイト
https://movie.foggycinema.com/yanagawa/