ニュース・インフォメーション

ニュース・インフォメーション

2021.03.01(月)おしらせ

3/5~3/18上映スケジュールのご案内

平素よりシアター・エンヤをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

3/5~3/18の上映スケジュールのご案内です!


◆『燃ゆる女の肖像』(PG12)
上映日:上映中~3/11(木)
望まぬ結婚を控える貴族の娘と、彼女の肖像を描く女性画家。結ばれるはずのない運命の下、10日間の恋が永遠に燃え上がる。世界の映画賞44受賞、124ノミネート!第72回カンヌ国際映画祭脚本賞&クィアパルム賞受賞の話題作。

◆『痛くない死に方
上映日:上映中~3/11(木)※3/8(月)休映
在宅医療のスペシャリスト・長尾和宏によるベストセラー「痛くない死に方」「痛い在宅医」を映画化。「病院」か「在宅」か。この映画は在宅医と患者と家族の物語。柄本佑主演、監督・脚本は高橋伴明。

◆『Fukushima 50(フクシマフィフティ)
上映日:3/5(金)~3/11(木)
2021年3月11日で東日本大震災から丸10年。今もなお帰還困難区域となっている地域、避難を余儀なくされている被災者、廃炉のめどが立たないイチエフ。10年経っても続く大きな余震。まだまだ終わっていない事故の真実とは。

◆『けったいな町医者
上映日:3/12(金)~3/18(木)
家が病室で、町が病棟や――。尼崎の町医者の日常を記録したドキュメンタリー映画。365日24時間いつでも患者のもとへ駆けつける長尾の日常に密着し、昼夜を問わず街中を駆け巡るその姿を追い、「幸せな最期とは何か」「現代医療が見失ったものとは何か」を問う。

◆『ホモ・サピエンスの涙
上映日:3/12(金)~3/18(木)
人類には愛がある、希望がある。だから、悲劇に負けずに生きていける。悲しみと喜びを繰り返してきた不器用で愛おしい人類の姿を万華鏡のように映した“映像の魔術師”ロイ・アンダーソン監督渾身の傑作が、遂に日本に上陸する。

◆『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー
上映日:3/12(金)~3/18(木)
満⾜度97%!全⽶爆笑&共感!⾼校最後の夜。私たちを⾒下すあいつらの4 年を⼀晩で済ましてやる!2020 年代のハイスクール・バディコメディ爆誕。2人の女子高生は無事に卒業式を迎えられるのか?!

また、3/8(月)10:00~毎月恒例『花筐/HANAGATAMI』も上映します。唐津市民は600円、その他の地域の方は1,000円でご覧いただけます。

なお、当劇場は新型コロナウイルス感染症予防対策に努めております。
詳細は公式ホームページ「【2020/10/11更新版】新型コロナウイルス感染防止対策について」をご覧いただき、ご協力頂けますと幸いです。
特に、マスクの着用は必ずお願いいたします。

また、映画館の換気システムについてもご紹介しておりますので合わせてご確認ください。

今後、新型コロナウイルスの影響により、上映時間等が変更、または、中止になる可能性もございます。最新情報は随時公式サイトにUPしておりますので、ご来場の際にはご確認をお願いします。

皆さまのお越しをスタッフ一同お待ちしております。

▼THEATER ENYA事務局
〒847-0045 佐賀県唐津市京町1783
TEL:0955-53-8064
FAX:0955-72-3288
WEB :https://theater-enya.com
FACEBOOK:https://www.facebook.com/theater.enya/
TWITTER:https://twitter.com/theater_enya