ニュース・インフォメーション

ニュース・インフォメーション

2021.10.25(月)おしらせ

10/29~11/11上映スケジュールのご案内

平素よりシアター・エンヤをご愛顧いただき誠にありがとうございます。10/25に無事に2周年を迎えることができました。これも日頃から応援して下さる皆さまのおかげです。本当にありがとうございます!これからも、皆さまに喜んでいただけるラインナップを目指します。
本日は、10/29~11/11の上映スケジュールのお知らせです。


★上映作品★
◆『モルエラニの霧の中
上映日:上映中~11/4(木)
シアター・エンヤ2周年記念特集上映作品。
実話を元に、北海道室蘭市で繰り広げられる、美しい風景と共に失われていく街の記憶をめぐる7つの物語。メインキャストには、2018年に急逝した大杉漣、香川京子、小松政夫、大塚寧々、水橋研二、菜 葉 菜など、演技派で多彩な俳優陣が出演。
※特別料金:一般2,000円
※2周年記念ティーチイン舞台挨拶のレポートはこちら

◆『子供はわかってあげない』(PG12)
上映日:10/29(金)~11/4(木)
高校2年、水泳部女子の美波は書道部男子のもじくんとの運命の出会いをきっかけに、幼い頃に別れた父親の居所を探しあてる。「マンガ大賞2015」や数々の漫画賞を受賞した田島列島の傑作同名コミックを、『南極料理人』『横道世之介』など手掛けた沖田修一監督が初の漫画原作映画化!上白石萌歌、細田佳央太、豊川悦司、千葉雄大、斉藤由貴ほか出演。

◆『禁じられた遊び
上映日:10/29(金)~11/4(木)
第二次世界大戦中のフランス。ドイツ軍によるパリ侵攻からの避難中、5歳の少女ポーレットは爆撃により両親と愛犬を亡くす。子犬の亡きがらを抱きながら彷徨ううち、11歳の少年ミシェルと出会い、子犬のお墓をつくり十字架を供える。それからは、お墓をつくり十字架を供える遊びがすっかり気に入り、二人だけの秘密の遊びが始まるのだが…。哀愁に充ちた音楽と共に世界映画史に残る不朽の名作が、デジタルリマスターでスクリーンに甦る!

◆『MINAMATA-ミナマタ-
上映日:11/5(金)~11/19(金)※11/8(月)休映
1971年、ニューヨーク。写真家のユージン・スミスは、アイリーンと名乗る女性から熊本県水俣市にあるチッソ工場が海に流す有害物質によって苦しむ人々を撮影してほしいと頼まれる。想像を絶する光景に驚きながらも冷静にシャッターを切り続けるユージンだったが、水俣病と共に生きる人々にある提案をし、彼自身の人生と世界を変える写真を撮る。ジョニー・デップがキャリアの全てをかけて伝える、世界への警告と希望の光。伝説の写真家ユージン・スミスと水俣の実話から生まれた衝撃の感動作。

◆『くじらびと』(PG12)
上映日:11/5(金)~11/11(木)
インドネシア・ラマレラ村。ガスも水道もなく、そして火山岩に覆われた土地では作物が育たず、クジラ漁が村の生活を支えている。手造りの舟と銛(もり)1本でマッコウクジラに挑むラマファ(銛打ち)。村を支えるため、危険な鯨漁に挑むラマファは村の英雄であり、子どもたちの憧れでもある。伝統捕鯨の歴史は400年に及び、 “くじらびと”たちは互いの和を最も大切なものとして支え合って暮らしている。映画監督の石川梵は、1991年からこの村を取材し、過去の貴重な記録とともに2017年から2019年までの3年間に撮影した映像が結実し、“生きること”の本質に触れるドキュメンタリー映画が完成した。

◆『わんぱく戦争』(PG12)
上映日:11/5(金)~11/11(木)
南フランスの片田舎。美しい自然の中で、人々は平和な営みを続けている。だが、子供たちの世界は別だった。彼らは自分たちの秩序をつくり、その中であり余る生命力をぶつけ合うのだ。となり合う二つの村、ロンジュヴェルヌとヴェルランの子供たちは、いつも睨み合っていた。戦場は村の境界にある砂地の原っぱ。勝った方が戦利品として相手の服のボタンをむしり取っていた。製作から60年の時を経て、デジタルリマスター版となってスクリーンに戻ってきた!

◆『ベイビーわるきゅーれ』(PG12)
上映日:11/5(金)~11/7(日)
ENYA WEEKEND CINEMA!
女子高生殺し屋2人組のちさととまひろは、高校卒業を前に途方に暮れていた・・・。明日から“オモテの顔”としての“社会人”をしなければならない。組織に委託された人殺し以外、何もしてこなかった彼女たち。突然社会に適合しなければならなくなり、公共料金の支払い、年金、税金、バイトなど社会の公的業務や人間関係や理不尽に日々を揉まれていく。社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと奮闘する異色の青春映画が誕生!

★毎月8日は「花筐の日」★
11/8(月)AM10:00~唐津古里映画『花筐/HANAGATAMI』の定期上映の日です。唐津市民は600円(その他の地域の方は1,000円)でご覧いただけます。

★新型コロナウイルス感染症予防対策にご協力をお願いします★
詳細は公式ホームページ「【7/19更新版】新型コロナウイルス感染防止対策について」をご覧ください。特に、ワクチン接種の有無に関わらず、マスクの着用は必ずお願いします。また、感染症対策中の劇場内、及びロビーでのお食事もご遠慮ください
映画館の換気システムについてもご紹介していますので、合わせてご確認ください。

今後、新型コロナウイルスの影響により、上映時間等が変更、または、中止になる可能性もございます。最新情報は随時公式サイトにUPしておりますので、ご来場の際にはご確認をお願いします。
皆さまのお越しをスタッフ一同お待ちしております。

▼THEATER ENYA事務局
〒847-0045 佐賀県唐津市京町1783
TEL:0955-53-8064
FAX:0955-72-3288
WEB :https://theater-enya.com
FACEBOOK:https://www.facebook.com/theater.enya/
TWITTER:https://twitter.com/theater_enya