上映作品

風が吹くとき<日本語吹替版>

新作料金 上映時間:85分
上映期間
8月9日(金)〜8月15日(木)

1986年製作/85分/イギリス

原題:When the Wind Blows

配給:チャイルドフィルム

この作品の上映日

  • 07/16 (火)
  • 07/17 (水)
  • 07/18 (木)
  • 07/19 (金)
  • 07/20 (土)
  • 07/21 (日)
  • 07/22 (月)

07/16 (火)

上映はありません

07/17 (水)

上映はありません

07/18 (木)

上映はありません

07/19 (金)

上映はありません

07/20 (土)

上映はありません

07/21 (日)

上映はありません

07/22 (月)

上映はありません

作品紹介

核戦争の脅威を描き、世界的なセンセーションを巻き起こしたイギリス製アニメーション
大島渚監督による日本語(吹替)版のリバイバル上映

イギリスの片田舎で暮らすジムとヒルダの平凡な夫婦。二度の世界大戦をくぐり抜け、子供を育てあげ今は老境に差し掛かった二人。ある日ラジオから、新たな世界戦争が起こり核爆弾が落ちてくる、という知らせを聞く。ジムは政府のパンフレットに従ってシェルターを作り始める。先の戦争体験が去来し、二人は他愛のない愚痴を交わしながら備える…。そして、その時はやってきた。爆弾が炸裂し、凄まじい熱と風が吹きすさぶ。すべてが瓦礫と化した中で、生き延びた二人は再び政府の教えにしたがってシェルターでの生活を始めるのだが…。

アニメーション映画『風が吹くとき』は、1986年に英国で制作され、翌1987年に日本でも劇場公開され、37年を経た現在でもファンは少なくない。国際情勢が大きく揺らぎ、再びリアリティを増す核戦争の脅威について警鐘を鳴らすべく、唯一の被爆国であるこの日本でも『風が吹くとき』が蘇る。



監督
ジミー・T・ムラカミ
日本語版監督
大島渚
声の出演
森繁久彌/加藤治子
原作・脚本
レイモンド・ブリッグズ(「スノーマン」「さむがりやのサンタ」)
主題歌
デヴィッド・ボウイ「When The Wind Blows」
配給
チャイルドフィルム
公式サイト
https://child-film.com/kazega_fukutoki/