上映作品

湖の女たち

新作料金 G 上映時間:141分
上映期間
7月5日(金)〜7月18日(木)

2024年製作/141分/G/日本

配給:東京テアトル、ヨアケ

この作品の上映日

  • 06/20 (木)
  • 06/21 (金)
  • 06/22 (土)
  • 06/23 (日)
  • 06/24 (月)
  • 06/25 (火)
  • 06/26 (水)

06/20 (木)

上映はありません

06/21 (金)

上映はありません

06/22 (土)

上映はありません

06/23 (日)

上映はありません

06/24 (月)

上映はありません

06/25 (火)

上映はありません

06/26 (水)

上映はありません

作品紹介

100歳の寝たきりの老人が殺された。現在と過去ー湖に葬られた恐るべき記憶とはー。

事件の捜査にあたった西湖署の若手刑事・圭介とベテランの伊佐美は、施設の中から容疑者を挙げ、執拗な取り調べを行なっていく。その陰で、圭介は取り調べで出会った介護士・佳代への歪んだ支配欲を抱いていく。一方、事件を追う週刊誌記者・池田は、この殺人事件と署が隠蔽してきたある薬害事件に関係があることを突き止めていくが、捜査の先に浮かび上がったのは過去から隠蔽されてきた恐るべき真実・・・。それは、我々の想像を超えた過去の闇を引き摺り出すー。そして、後戻りできない欲望に目覚めてしまった、刑事の男と容疑者の女の行方とはー。

『パレード』『悪人』『怒り』など数多くの小説が映画化されてきたベストセラー作家、吉田修一と、多様なジャンルの話題作、問題作を世に送り出し、近年も『MOTHER マザー』『星の子』で絶賛を博した大森立嗣監督。モスクワ国際映画祭で審査員特別賞を受賞した『さよなら渓谷』以来、10年ぶりに両者のタッグが実現し、観る者の理性と感性を激しく揺さぶるヒューマン・ミステリーが誕生した。この野心的な本作でダブル主演を務めたのは福士蒼汰と松本まりか。身も心も剥き出しでさらけ出す覚悟を要求される難役を渾身の演技で体現した。



監督・脚本
大森立嗣
出演
福士蒼汰/松本まりか/福地桃子/三田佳子/浅野忠信
原作
吉田修一『湖の女たち』(新潮文庫刊)
配給
東京テアトル、ヨアケ
公式サイト
https://thewomeninthelakes.jp/