上映作品

熊は、いない

新作料金 G 上映時間:107分
上映期間
12月1日(金)〜12月7日(木)

2022年製作/107分/イラン

原題:Khers nist

配給:アンプラグド

この作品の上映日

  • 12/08 (金)
  • 12/09 (土)
  • 12/10 (日)
  • 12/11 (月)
  • 12/12 (火)
  • 12/13 (水)
  • 12/14 (木)

12/08 (金)

上映はありません

12/09 (土)

上映はありません

12/10 (日)

上映はありません

12/11 (月)

上映はありません

12/12 (火)

上映はありません

12/13 (水)

上映はありません

12/14 (木)

上映はありません

作品紹介

第79回ヴェネチア国際映画祭 審査員特別賞受賞
“熊”とは何か? その答えは映画の中にある

国境付近にある小さな村からリモートで助監督レザに指示を出すパナヒ監督。偽造パスポートを使って国外逃亡しようとしている男女の姿をドキュメンタリードラマ映画として撮影していたのだ。さらに滞在先の村では、古いしきたりにより愛し合うことが 許されない恋人たちのトラブルに監督自身が巻き込まれていく。2 組の愛し合う男女が迎える、想像を絶する運命とは......。パナヒの目を通してイランの現状が浮き彫りになっていく。

長編デビュー作『白い風船』(95)で第48回カンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)を受賞して以来、世界三大映画祭ほか主要映画祭にて高く評価され続けるイランの名匠ジャファル・パナヒ監督の最新作。
市井の人々の日常を通してイラン社会の置かれたリアルな現実を描き続けるも、政府から2010年に“イラン国家の安全を脅かした罪”として20年間の映画制作禁止と出国禁止を言い渡されたパナヒ監督。それでも抑圧に屈せず様々な方法で映画を撮り続け、2010年以降に本作を含めた5本の長編は全て極秘に撮影。あらゆる制約を回避し自身を映画の題材にすることで、ミニマムながら工夫と発想に富んだ豊かな映画を作り続ける、世界で最も勇敢な映画監督として知られている。
最新作『熊は、いない』でパナヒ監督は、イランの村からリモートで映画を撮影する監督役として主演を務める。撮影で滞在していたイランの小さな村で起きたあるトラブルに、監督自身が巻き込まれていくという物語だ。自国イランでは上映禁止だが、本作は見事、第79回ヴェネチア国際映画祭で審査員特別賞を獲得。日本でも第23回東京フィルメックスのオープニング作品として上映されると「圧巻の一本!」「脳裏に焼き付いて離れない」と目の肥えた映画ファンたちがこぞって絶賛。



監督・脚本・製作
ジャファル・パナヒ
撮影
アミン・ジャファリ
配給
アンプラグド
公式サイト
https://unpfilm.com/nobears/