上映作品

RRR 日本語吹替版

新作料金 G 上映時間:179分
上映期間
12月29日(金)〜1月4日(木)

2022年製作/179分/G/インド

原題:RRR

配給:ツイン

この作品の上映日

  • 05/25 (土)
  • 05/26 (日)
  • 05/27 (月)
  • 05/28 (火)
  • 05/29 (水)
  • 05/30 (木)

05/25 (土)

上映はありません

05/26 (日)

上映はありません

05/27 (月)

上映はありません

05/28 (火)

上映はありません

05/29 (水)

上映はありません

05/30 (木)

上映はありません

作品紹介

3回目のアンコール上映決定!今回は<日本語吹替版>で上映
年末年始はみんなで「Naatu Naatu」(ナートゥ・ナートゥ)を踊ろう!

舞台は1920年、英国植民地時代のインド。英国軍にさらわれた幼い少女を救うため、立ち上がるビーム(NTR Jr.)。大義のため英国政府の警察となるラーマ(ラーム・チャラン)。熱い思いを胸に秘めた男たちが”運命”に導かれて出会い、唯一無二の親友となる。しかし、ある事件をきっかけに、それぞれの”宿命”に切り裂かれる2人はやがて究極の選択を迫られることに。
彼らが選ぶのは 友情か?使命か?

監督は日本でも2年以上にも及ぶロングランを記録した『バーフバリ』シリーズの生みの親・S.S.ラージャマウリ。タイトルである『RRR』は、Rise(蜂起) Roar(咆哮) Revolt(反乱)の頭文字が由来しており、まさに観客を奮い立たせ、熱狂させ、現在進行形で全世界のエンターテインメント史に革命を起こしている。
また、ニューヨーク映画批評家協会賞で監督賞、ダンスシーンが絶大なインパクトを残す「Naatu Naatu」(ナートゥ・ナートゥ)は、第80回ゴールデン・グローブ賞、そして第95回アカデミー賞において、外国語映画としては異例の歌曲賞を受賞している。

日本におけるインド映画歴代№1の興行収入をたたき出した本作が、豪華声優陣による日本語吹替版として上映決定。シアターエンヤでは3回目のアンコール上映となる。



監督・脚本
S.S. ラージャマウリ
出演
NTR Jr./ラーム・チャラン
声の出演
コムラム・ビーム:杉田智和/ A ・ラーマ ・ラージュ:日野 聡/ジェニー:内田真礼/スコット:野島昭生/シータ:久保ユリカ/マッリ:田所あずさ
配給
ツイン
公式サイト
https://rrr-movie.jp/