上映作品

ロスト・キング 500年越しの運命

新作料金 G 上映時間:108分
上映期間
12月15日(金)〜12月21日(木)

2022年製作/108分/G/イギリス

原題:The Lost King

配給:カルチュア・パブリッシャーズ

この作品の上映日

  • 03/03 (日)
  • 03/04 (月)
  • 03/05 (火)
  • 03/06 (水)
  • 03/07 (木)
  • 03/08 (金)
  • 03/09 (土)

03/03 (日)

上映はありません

03/04 (月)

上映はありません

03/05 (火)

上映はありません

03/06 (水)

上映はありません

03/07 (木)

上映はありません

03/08 (金)

上映はありません

03/09 (土)

上映はありません

作品紹介

これぞ究極の“推し活”!直感が導いてくれた、奇跡的な巡り合わせ――。
英国王室の歴史を揺るがす世紀の大発見を映画化

フィリッパ・ラングレーは、職場で上司に理不尽な評価を受けるも、別居中の夫からは生活費のために仕事を続けるよう促され、苦悩の日々を過ごしていた。ある日、息子の付き添いで舞台「リチャード三世」を観劇したことで、彼女の人生は一変。シェイクスピアの史劇により、冷酷非情な王として名高いリチャード三世だが、その既成事実に疑問を抱くように。やがて、フィリッパは彼の真の姿を明かそうと、遺骨探しに没頭していくー。

2012年、500年以上にわたり行方不明だったリチャード三世の遺骨が、英国レスターのとある駐車場から発掘された。調査の指揮を執ったのは、主婦でアマチュア歴史家のフィリッパ・ラングレー。会社員として働きながら二人の息子との母でもあった彼女は、家族や同僚から理解されなくても、名だたる専門家や研究家から懐疑的な目で見られても、決して諦めることなく自らの直感と信念に従い、英国史上もっとも冷酷非情な王として知られるリチャード三世の真の姿を白日の下に晒し、誰しもが「あのシェイクスピアが言うんだから間違いない」と思い込んでいた英国王室の歴史を覆したのだ。



監督
スティーヴン・フリアーズ
出演
サリー・ホーキンス/スティーヴ・クーガン/ハリー・ロイド/マーク・アディ
配給
カルチュア・パブリッシャーズ
公式サイト
https://culture-pub.jp/lostking/