ニュース・インフォメーション

ニュース・インフォメーション

2021.10.10(日)イベント

シアター・エンヤ2周年記念 特集上映のお知らせ

KARAE1Fの映画館シアター・エンヤは、10月25日(月)にオープンから2周年を迎えます。これも日頃より応援して下さっている皆さまのおかげです。本当にありがとうございます!その2周年を記念し、シアター・エンヤの前身である「唐津シネマの会」からご支援頂いている映画プロデューサー・浅野博貴氏製作の『モルエラニの霧の中』『赤い雪 Red Snow』『雪子さんの足音』(本作のみ、浅野氏はプロデューサーではなく企画・キャスティング面で協力)の3作品を特集上映します。更に、今回の2周年記念として『モルエラニの霧の中』『雪子さんの足音』の舞台挨拶が決定しました!

■『雪子さんの足音』
【日 程】10月22日(金)、23日(土)
【時 間】17:05~17:35 ※15:00の回上映終了後
【ゲスト】10月22日(金)浜野佐知監督、脚本家・山﨑邦紀氏/10月23日(土)浜野佐知監督、脚本家・山﨑邦紀氏、浅野博貴氏

■『モルエラニの霧の中』
【日 程】10月23日(土)
【時 間】13:50~14:20 ※10:00の回上映終了後
【ゲスト】浅野博貴氏、坪川拓史監督

当日は、お客様との質問タイムも予定しています。映画の貴重なお話が聞ける絶好の機会を体験してみませんか?

<作品紹介>
『モルエラニの霧の中』(http://www.moruerani.com/)
上映日:10月22日(金)~11月4日(木)
実話を元に、北海道室蘭市で繰り広げられる、美しい風景と共に失われていく街の記憶をめぐる7つの物語。メインキャストには、2018年に急逝した大杉漣、香川京子、小松政夫、大塚寧々、水橋研二、菜 葉 菜、中島広稀、草野康太、久保田紗友、そして独演劇が国内外で高い評価を得る坂本長利など、演技派で多彩な俳優陣が出演。

『雪子さんの足音』(https://yukikosan-movie.com/)
上映日:10月22日(金)~10月28日(木)
第158回芥川賞候補になった木村紅美の同名小説を吉行和子主演で映画化。20年前に下宿した月光荘の大家・川島雪子(吉行和子)が熱中症で孤独死したことを新聞記事で知った湯佐(寛一郎)。雪子さんと同じ下宿先にいた小野田(菜葉菜)の過剰な好意と親切に窒息しそうになった日々が、湯佐の脳裏に蘇る……。

『赤い雪 Red Snow』(https://akaiyuki.jp/)
上映日:10月22日(金)~10月28日(木)
少年失踪事件を題材に永瀬正敏、菜葉菜主演で描くサスペンス。自分のせいで弟を見失ったと思い込んでいる兄・白川一希(永瀬正敏)は心に深い傷を負う。真実が解明されないまま30年が過ぎ、事件の真相を追う記者・木立省吾(井浦新)が容疑者の女の一人娘・江藤早百合(菜葉菜)を見つけ出したことにより、「被害者の兄」と「容疑者の娘」の運命の歯車が大きく動き始める。

<ゲストプロフィール>
浅野博貴氏
1949年生まれ。映画プロデューサーとして、『モルエラニの霧の中』『赤い雪 Red Snow』『菊とギロチン』『64 ロクヨン 前後編』など、数多くの作品を手掛ける。また、芸能事務所T-artist(ティー・アーティスト)の代表取締役社長でもあり、浅野氏が関わる作品に所属タレント(菜葉菜さんや寛一郎さんなど)が出演することも多い。また、T-artist自体が映画の配給を担うこともある。

浜野佐知監督
1948年生まれ。1971年、監督デビュー。以来、400本を越すピンク映画を監督する。1984年、株式会社旦々舎を設立。以降、プロデューサーを兼ねる。1998年、初の自主製作作品として『第七官界彷徨―尾崎翠を探して』を撮る。自主製作は『百合祭』(2001年)、『こほろぎ嬢』(2006年)、『百合子、ダスヴィダーニヤ』(2011年)、『Body Trouble~男が女になるビョーキ?』(2014年)、そして本作『雪子さんの足音』へと続く。

坪川拓史監督
1972年生まれ。1992年に劇団「オンシアター自由劇場」に研究生として入団し、映画監督やアコーディオン奏者として活動をはじめる。2011 年に故郷の北海道室蘭市へ帰郷し、同市を舞台にオムニバス映画『モルエラニの霧の中』の撮影を2014 年に開始。2019年に完成した本作は、10月にブラジルで開催された「第43回サンパウロ国際映画祭」国際長編部門に出品された。また、第25回函館港イルミナシオン映画祭では、オーディエンスアワード(観客賞)を受賞。本作品では、脚本、監督、編集のほか、劇中音楽の作曲とピアノ演奏も担当する。

脚本家・山﨑邦紀氏
1948年生まれ。浜野佐知監督の『第七官界彷徨 尾崎翠を探して』(1999年)、『百合祭』(2004年)、『こほろぎ嬢』(2006年)、『百合子、ダスヴィダーニヤ』(2011年)、そして『雪子さんの足音』(2019年)と多くの作品で脚本として携わる。また、映画監督としても活動中。

ご来場の際は「【7/19更新版】新型コロナウイルス感染防止対策について」を事前にご確認いただき、ご協力をお願いします。特に、ワクチン接種の有無に関わらず、マスクの着用は必ずお願いします。また、感染対策中の劇場内、及びロビーでのお食事もご遠慮ください。今後、新型コロナウイルスの影響により、上映時間等が変更、または、中止になる可能性もございます。最新情報は随時公式サイトにUPしていますので、ご来場の際にはご確認をお願いします。

▼THEATER ENYA事務局
〒847-0045 佐賀県唐津市京町1783
TEL:0955-53-8064
FAX:0955-72-3288
WEB :https://theater-enya.com
FACEBOOK:https://www.facebook.com/theater.enya/
TWITTER:https://twitter.com/theater_enya