ニュース・インフォメーション

ニュース・インフォメーション

2021.10.24(日)イベント

『雪子さんの足音』舞台挨拶レポート!!

平素よりシアター・エンヤをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

10月22日(金)・23日(土)に実施しました『雪子さんの足音』舞台挨拶のレポートです!

22日(金)は浜野佐知監督、脚本家・山﨑邦紀さん
23日(土)はお二人に加え、今作の企画・キャスティングの浅野博貴さんにご登壇いただきました。


佐賀県に初めて来られたという浜野監督。
というのも浜野監督の作品が、福岡以外の九州地方で初めての上映とのことで大変喜ばれていました。
実は劇中に出てくる素敵な爪切りは有田焼の二宮閑山さん特注品で、佐賀にも縁がある映画だったのです。

映画『雪子さんの足音』の企画についてお話を伺いました。
浜野監督と山﨑さんと浅野さん、そして吉行和子さんのマネージャーさんが飲んでるときに、吉行さんが「とんでもないお婆さんを演じてみたい」とメールしたことでこの企画がスタートしました。
山﨑さんが日本・海外から本を探し、木村紅美さんの小説「雪子さんの足音」に出会いました。そして木村紅美さんの前著「たそがれ刻はにぎやかに」の印象的な場面を加えて脚本を書いた、と語っていただきました。

小野田役・菜葉菜さんについては、浜野監督が最も信頼している役者さんと語っていました。浅野さんがキャスティングした湯佐役・寛一郎さんについては、キャリアは浅いけど魅力的な俳優さんで、「これからもっと凄い役者になる」と太鼓判を押されてました。

お客様とのQ&Aでは、22日(金)は男性のお客様が多く、監督の経歴にあるピンク映画の話題が挙がりました。
23日(土)は女性のお客様も多く、浜野監督が描く女性像について共感の声が挙がりました。


最後に浜野監督から「唐津のお客様は温かい。このお客様と一緒に、シアター・エンヤと映画の文化を守ってほしい。」とエールをいただき、「新作をつくったときはまたここに戻ってきたい。女性を応援する映画を撮り続けたい。」というお言葉をいただきました!


『雪子さんの足音』はシアター・エンヤでは10月28日(木)までの上映です。
浜野佐知監督・山﨑邦紀さん・浅野博貴さん、そしてご来場のお客様、お忙しいところご参加いただき誠にありがとうございました。

★今回の2周年記念イベントは佐賀県が展開する「LiveS Beyond(ライブスビヨンド)」の協賛で開催しました。

▼THEATER ENYA事務局
〒847-0045 佐賀県唐津市京町1783
TEL:0955-53-8064
FAX:0955-72-3288
WEB :https://theater-enya.com
FACEBOOK:https://www.facebook.com/theater.enya/
TWITTER:https://twitter.com/theater_enya